熱意を持って従業員を教育していく

やる気のない上司には誰もついていかない

社員教育をする時の大事なポイントは熱意をもって従業員を教育していくことです。やる気のない上司に部下は誰も付いていく気にはなりません。指導してもらう時にわからないことがあったらなんでも聞いて下さいという人と、やる気がなくて適当に見てて下さいという人では部下のやる気にも違いが現れます。仕事において熱意をもって仕事に取り組んでいる人は、結果においても様々な良い成績を残していることが多く、目標の先輩として部下も上司の背中を必死に追うようになります。まじめで熱意をもって仕事に取り組んでいる人は上司からの評価も高く、部下も熱意をもって仕事に取り組もうという気持ちになります。適当に指導してその場限りの事を言うのではなく、部下が仕事を取り組む上でこの先ずっと役に立つようなことを指導してあげると良いですね。

優しすぎても厳しすぎても良くない

社員教育をするにあたり、熱意をもって部下を指導することは良い事です。しかし厳しすぎても良くありません。熱意があるあまりつい厳しい事を言ってしまったり、向いてないと人を罵倒するような事をいう人もいます。このような発言は社員教育にふさわしくありません。かといって優しすぎて、部下がミスを犯しても指摘する事が出来ないというのは、部下はいつまでたっても成長することができません。優しすぎても厳しすぎても社員教育に良くないので、部下がわかるまでしっかりと熱意を持って指導することが大事です。そしてとことん付き合い、納得がいくように説明しながら教えてあげる事で、部下と上司の関係性が築かれ仕事をする上でもしっかりと部下も理解を深めていきます。